家族婚を行うメリット

###Site Name###
TOP > 家族婚を行うメリット

家族婚とは、家族や親戚のみを少人数で行う結婚式です。
家族婚を行うメリットには、アットホールな落ち着いた結婚式を行うことができることです。


招待する人数が少なく、家族や親戚のみを招待しているため、出席者と一緒に過ごせる時間を取りやすく、一人一人とゆっくり話すことや写真を撮ることができます。


また、仕事関係の人を呼ばなければ、片ぐるしい挨拶などを執り行う必要がありません。


家族婚では、挙式後に同じ施設の会場やレストランに移動するパターンが多く、食事の際の会場パターンとしては、一般的な披露宴と同じように高砂や丸テーブルのようにするパターン、長テーブルに新郎新婦も一緒に座りみんなで食事するパターンの2種類がほとんどです。

京都の少人数結婚式情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

招待客の人数が少ない場合には、長テーブルを使用するパターンを選ぶほうが多い傾向があります。



また、メリットとして、準備が楽になります。

結婚式の準備には、平均して半年から1年程度かける人が多いです。

招待客のリストアップや招待状の作成、席次決め、引き出物を考えるなど招待人数が多いほど準備には時間がかかります。
家族婚のような少人数の場合は、招待客のリストアップや席次決めにもそこまで時間がかからないため、3か月程度で十分な準備が可能です。



費用が安く済むメリットもあります。ご祝儀は、人数を呼べば呼ぶほど黒字に転じるケースもありますが、純粋な費用部分だけで比較すれば、人数の少ない家族婚のほうが金銭的な負担は少なくなります。