交通事故などによる損害賠償は金銭によることが基本です

皆さんが交通事故などに合われた際に、搭乗していた車両やもしくは身体などに破損や怪我、後遺症などの損害を受けることがあります。

交通事故に関する場合、加害者側が加入している任意自動車保険少なくとも自動車所有者が必ず加入する自動車損害賠償保険から賠償を受けられることになります。

いわゆる自賠責保険によって、賠償が受けられないような事態は避けることができることになっているわけですが、交通事故にかかわらず金銭による賠償が原則です。交通事故に遭遇した場合には、けがなどの治療費や入院費、通院費用、車両の補修費用、休業補償などが受けることができますが、いずれも金銭的に算定される裏付けとなる資料の提出が必要です。

それらの提出された資料に基づいて、算定がなされ、金銭的な賠償となります。

よく交通事故の損害賠償で問題になるのが、被害を受けた車両が新車であった時にトラブルとなるケースが多いようです。

被害者側にとっては新車であることから、事故経歴のないまったく同等の新たな車両を請求したいところですが、そうはいかないのが現実です。

皆さんもご承知の通り、自動車は購入した瞬間から購入価格が下がってしまう資産なのです。
ですから保険による賠償を受けられる場合でも、加害者側が特約でもつけていない限り、減価償却された後の世間一般に通用する合理的な価格での賠償となります。

なぜこのようになるかというと、税法上の考え方が取り入れられており、それ以上の補償を認めて行ってしまうと、保険会社が、事業活動において不必要な損害を会社に与えたということで株主からの訴訟を提起されたり、保険会社ごとにルールが異なると被害者への公平な救済ということからも、訴訟を提起されかねないからです。
交通事故で次によく聞く事例が精神的損害です。
これについては、統一的な見解がないため個々の事例に即して対処しているというのが現状です。つまり、損害賠償補償の訴訟を提起して裁判の判決によるという道しかないように思います。

なぜならば、先述したとおり、金銭に置き換えることができない部分であるからです。

http://www.yokohama-ankyo.or.jp/
http://www.chiba-ben.or.jp/
http://shinkokyo.or.jp/